Body Design Project

愛知県稲沢市祖父江町山崎下枇448番地

0587-74-6500

ダイエット ステップアップ講座

  • TOP
  • ダイエット ステップアップ講座

ダイエットを始めるにあたってのステップアップ講座!

ステップ1

ダイエットをスタートするにあたっての
ファーストステップ
ステップ1
セルフモニタリング

まず、
ダイエットを始めるにあたり
何から始めますか?

とりあえず、
明日から…
って、何かのフレーズになってしまってないですか?

目標を立てて、目標に向かって…
地図でいうと行き先を決めて、どうって?(徒歩、自転車、車、電車など)いこうか?
といったところですが、
ちょっと待って!
自分がどこにいるか?ちゃんとわかってる?
自分の今いる場所、置かれた状況ししっかり把握しないで進むと
また?迷子になっちゃいますよ。

自分の場所、状態とは、何か?といえば、そう、自分自身の体重です。
意外と多い?自分の体重を知らない方
女性の方は、痩せてから乗るからいいの…
今の体重は見たくない!…
大体わかっているからいいの!
…BodyDesignProjectにも、そう言ったクライアントさんは、多くみえます。

しかし、自分の体重に目を背けていては、本当の課題「なぜ?太ったのか」「どんな生活様式がいけなかったのか?」迫っていけません。

自分にとって望ましくないことや、
自分にとって都合が悪いことを
直視しることは、とっても勇気がいることですが、
ダイエットのファーストステップは、ここから始まります。

家に体重計がないといわれるクライアントさんもいます。
いい機会なので、50グラムから測れるような、体重計を購入するよう勧めています。

体重計への投資もモチベーションになってくれるでしょう!

まとめ、
ステップ1は、現実と向き合う!~まずは、体重を測ろう!~

ステップ2

いつ測った体重が本当の私?
毎日体重計に数回のられる方は知っていると思いますが、
1日の中でも、結構体重は上下するのです。

毎回違う体重なので、どれが本当の体重かわからない…と

測るたびに微妙に体重が変わるのは、ほとんど水分量の仕業です。

数時間、一日の中でそんなに脂肪の量が変化することはありません。

1日の中で体重が変動するのは、食べたり飲んだり、エネルギー代謝で水分が発生したり、汗や、尿・便を排出したり、そうした活動で体重が上下することがありますので、
体重の微増減に、神経をすりきらす必要はありません…が、
測るだけダイエットといって、朝・朝食後・昼食前・昼食後・夕食前・夕食後・寝る前と
1日7回以上体重計に乗ると乗らない人より体重が減ったとう報告があり、
測るだけダイエットとか乗るだけダイエットなど、少し話題になりましたね。
苦にならない方は、それでいいですが、
神経質すぎる方や、めんどくさがりの方は、
寝る前と朝一番の2回の測定をお勧めしています。

寝る前に測ることで
その日の一日の食生活・行動の評価をして
朝、起床してトイレに行き、一番軽い恰好で体重計に乗るその体重をその日の体重とするといいと思います。

もちろん、ただ測るだけではなく、その体重を記録することをお勧めします。
目につくところの、カレンダーなんかは特におすすめですが、
家族の目にもとまるから、「絶対イヤ!」といわれることが多いですが、
私のおススメは、カレンダーです。それもみんなが見ることができるやつ!

まとめ
自分の今日の体重は、朝一番の体重
今日の生活の結果の体重が夜の体重

ステップ3

目標設定!
目標はスマートに行きましょう!
Specific  = 具体的、わかりやすい
Measurable  = 計測可能、数字になっている
Agreed upon = 同意して、達成可能な
Realistic  = 現実的で結果志向
Timely  = 期限が明確、今日やるなど
スマートとは、
上記の頭文字をとったものでした。

目標は、具体的に、計測可能な、そして達成可能で、現実的、期限を明確
なんとなくではなく始めてしまうと…いつの間にかなんとなく終わっていることも…

しかし、
ダイエットの失敗する多くは、
この、目標を立ててないかもしくは、目標の立て方が良くなかったりします。
…目標を具体的に立てなさい!といっておきながら
目標の立て方が悪い?

数値目標は、明確でわかりやすい一方で、
目標を立てるときは、やる気満々で、高い目標設定をしがちです。
達成困難な厳しい数値目標になっていないか?

数値に縛られて、ダイエット苦行になってしまう。

目標に近づいた時点で、もしくは、目標と達成した時点で燃え尽きてしまう。
こういった場合には、最後まで続かないか、もしくは、リバンウンドしてしまう危険性があります。

ダイエットがうまくいっている人や
体重をキープできている人は、
こうなりたいという自分自身をイメージできていて
活動的で、前向きな自分とその生活までもが想像できる人が多い
と思います。

数値ももちろん大切ですが、
ワクワクするような目標を持ちましょう!

未来の自分がどれだけリアルに想像できる?
何よりも楽しみに、現在も楽しんで
ダイエットを苦行ではなく、レッドカーペットを歩くように
楽しむことが、ダイエットを続ける原動力となります。

まとめ、
スマートに
ワクワクするような目標にしましょう!

ステップ4

食べ物を記録して
自分を太らせている原因を突き止める。

最初に述べたように
自分の都合の悪い出来事から目を背けて
自分の体重に目を背けていては、本当の課題「なぜ?太ったのか」「どんな生活様式がいけなかったのか?」に迫っていけません。

BodyDesignProjectでは、食事を記録するように勧めています。
食事を記録することで原因をしっかり探っていくのです。

ほとんどの方が、
そんなに食べてないのに…太っていくんだよね。
って訴えられます。
本当に食べていないのか?
真の犯人は、食べてしまったという事実ではなく
自分にとって嬉しいことは覚えているのに
自分にとって不都合なことは忘れてしまう、または、無自覚さなのです。

自分の生活スタイル見たくない部分や、認めなくない部分を無意識のうちに
シャットダウンしたり、気づかないふりをしたりしているのです。

食べたものが身になるということは、
使えきれないエネルギーを摂取している
または、
急激にエネルギーを摂取したため、蓄えるラインに行ってしまっているのです。

ダイエットを成功させるためには、
自分がとっている食べ物、食べ物の量、食べ方、食べる時間を見直すことにほかなりません。

「私ぜんぜん食べてないのに太るんです!」
というクライアントさんは、結構多いです。
クライアントさんが、うそをついているのではないのです。
クライアントさんも、気づかないうちに、ほぼ習慣化しているので、意識していないところで、ちょこっとづつ高カロリーなものをとっていたりします。

記録を付けることで、無意識なものが意識の上に上がってくることもたくさんあるのです。
BodyDesignProjectでは、メモや手帳に書いて記録することも、効果的ですが、
なかなかメモする習慣のない方には敷居が高いらしく、食べる前に携帯電話で写真を撮ってもらっています。
これだと、ペンや手帳を出す手間もなく、おかわりしたらその都度写真を撮ってから食べるといったことをお願いしています。

まずは、
1週間記録を付けてみましょう!

ステップ5

甘いものの誘惑
おやつ問題について

食物依存症という言葉を聞いたことはあるだろうか?
薬物依存症やアルコール依存症という言葉は、
たまに、テレビなどでも耳にすることがあるのでは?

1956年、アメリカのラドルフ博士によって
「小麦」「トウモロコシ」「卵」「じゃがいも」「コーヒー」「ミルク」などに
依存性が認められるという論文が出されました。

2008年には、「高カロリー食品」「砂糖の多い食品」も依存性が高いことが
報告されています。

最近では、
「塩分や食品添加物を含む食品」の依存性も問題になっているのです。

食物のアルコールも薬物もメカニズムは同じだそうです。

やめたくてもやめられない状態になってしまうのです。

麻薬や覚せい剤といった薬物を摂取すると
「ドーパミン」という快楽をもたらす神経物質が分泌され満足感を得ます。
「ドーパミン」が枯渇すると、快楽を得るために、また薬が欲しくなります。
そうして、薬物を摂取しているうちに、依存症となっていくのです。

食物も薬物と同じだというのです。
美味しいもの、砂糖が多いもの、高カロリーなものを食べると
ドーパミンが分泌され、満足感を得ることができます。
そして、もっと食べたいという欲求が起こり、この欲求が大きすぎて
コントロールできなうなると、習慣化し、依存し、やがて中毒になっていくのです。

甘いものの誘惑に負けないということは、
ある意味
麻薬やアルコールを絶つのと同じくらい大変なことなのです。

まとめ、
甘いものの誘惑、おやつ問題について
依存症になっているかも…
その依存を絶つには
麻薬やアルコールを絶つのと同じぐらい大変であることを自覚すること