理想の自分と理想の体型

理想の自分と理想の体型

ボディデザインプロジェクトのダイエット
クライアントさんのボディをデザインするプロジェクトという意味で
ボディデザインプロジェクトとしましたが、
デザインするのは、決して体型だけではありません。
理想の体型を目指しながら
そのための食事、運動、思考、生活全般まで
自分自身でデザインできるように
導く、もしくは一緒に考えていくのが
ボディデザインプロジェクトの狙いです。
そこには、
やってもらう、やらされている、といった
受け身の姿勢では、
獲得することができないのです。
積極的に、能動的に
自分から変わっていく必要があるのです。
パーソナルトレーナーは、
目標、ゴールまでの距離を最短に
効率的に指導する仕事です。
現状をしっかり把握し、分析し、
ゴールまでの距離を測り、
その道のりを、どういったらよいかを指し示すのです。
そのゴールが目的地が曖昧では
指導する内容も異なってしまい
目的地に到着することがないまま迷子になってしまいます。

パーソナルトレーニングに訪れるクライアントさんの
目的地は、皆さんそれぞれです。…と言いたいのですが、
ほとんどが、最初は、ダイエットが目的だと言われる方が
圧倒的に多いのです。

そして、ダイエットが一定レベル成功すると
やっとそこからもう少し、こんな体になりたいのだと
訴えるようになります。

単純に体重を落とすだけであるなら
運動でなく、食事制限だけで体重を落とすことができます。
このことは、いろんな書物でも調査でも言われていることで
食事制限するグループと
運動習慣とつけるグループでは、体重減少は、
食事制限グループに軍配が上がります。

しかし、ボディデザインプロジェクトでは、
運動を指導します。
運動で痩せると言っているのではないのですが、
ボディデザインには、運動が必要不可欠なのです。
このことは、科学的に不要なことを、
精神論的に行っているのではなく、

ボディデザインプロジェクトが目指すところが、
ダイエットの先にあるからです。

体重を落とすだけでなく、
なりたい自分を手に入れて
より健康的で
生活を楽しみ
積極的に社会活動を行う。
ウエルネスを手に入れていただきた。
と願っています。

そして、運動には体験した方が口にする
運動効果があります。
それは、筋肉がつくとか
体力がつくとかではなく
気持ちがすっきりする
前向きになる。
自分が好きになる。
と言った効能があるあのです。

今の生活様式は、
いろんなことが、効率的にできています。
トレーナーもクライアントさんを目的地まで、
最短にナビゲートすることを要求されます。
そんな時代に、わざわざ疲れることをすると
会社や家庭で十分に過ぎるほど疲れているのに
なぜ?疲れることをさらにしなければ、ならないのか?
労力は少なく、最大の成績を上げることを要求される社会で
逆行する行為のように思われ、
体を動かすと何か損をしたような気になっている方が、
多いように思われますが、
子供の頃を思い出してみてくださ。
身体を動かすと楽しさを、
…そんな風にクライアントさんに
訴えると、ほとんどの方が、
運動はにがてだった!
体育の時間は嫌いだったと教えてくれます。
これは、学校教育、体育教育の弊害だと思います。

こんなことを言うと、
運動会で、順位を競うことがいけない!
とか
みんなで並んでゴールがするのが・・・とか
そんなことを言っているのでは、ないのです。
競争を通して学ぶことも沢山あります。
そのことは、否定しません。
が、
学ぶとは、
知らなかったことを知る喜びにあると思います。
運動は、
できなかったことが、できるようになる喜びに
つまり、
学びもトレーニングにも同じだと思っています。
それが、
自信につながり、
よりもっと、自分らしく
なりたい自分になる。
自分を手に入れる。

ボディデザインプロジェクトのと出会いが、そんな人生を変える存在になるよう願っております。